資格を取る前に

仕事にもっとやりがいを感じたい人。
新たなスキルを加えて仕事の幅を広げたい人。
憧れの仕事があり、その職業に就くことを目標にしている人。
資格取得を目指す人の理由や目的は様々です。
資格もたくさんの種類があり、自分のとるべき資格に迷っている方も多いでしょう。

資格を取得するためには、勉強の時間必要ですし、
受験料や、勉強のためのお金もかかります。
中には授業や訓練を受けなければならないものもあります。
せっかくとった資格を役立てられなければ、無駄になってしまいます。
持っていれば便利な資格、無難な資格を取得するのもいいですが、
資格取得を失敗させないようにするには
資格を取って何をするのかではなく、何のために資格を取るのか
はっきりとした目標やプランを立てる事が必要になります。
まずは自分の目指すものに必要な物は何なのかよく考えてみましょう。

資格は、国家資格・公認資格・民間資格の3つに分ける事が出来ます。
それぞれの特徴を上げてみたいと思います。
●国家資格
法律に基づいて試験や認定が行われるため、難易度の高い物が多いです。
しかし、国家資格を持っていなければ行えない業務や職業もあり、
社会的な信用度もたかいですね。

●公的資格
国家資格と民間資格の中間の位置にある資格。公的な団体が主催していて、
国が認定を行う資格になります。
国家資格程とまではいきませんが、社会的な信用や評価を得られる資格です。

●民間資格
民間の団体が、それぞれ独自の審査基準を設けて資格の認定を行う資格で、
実用性の高い資格から趣味の為の資格まで数えきれない程の民間資格があります。
資格の種類もレベルも様々で、知名度の高い物から低い物まで多く存在しています。
知名度の高い物は、一定の社会的な信用や評価を得られるものもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>