必要な資格

職種によっては、持っていれば有効な資格の他にも

決まった資格がないとその業務に就くことが出来ないものや

その職種に就いていると名乗れないものがあります。

目指している職業や職種に必要な資格ある場合、計画をもって

その資格を取る為の勉強や準備が必要になります。

 

資格には、法律に基づき国が認定を行う『国家資格』

省庁が認めた公的な団体が主催して認定を行う『公的資格』

民間団体が、それぞれの基準で認定する『国家資格』がありますが、

主催や認定先とは関係なく仕事内容や働き方などで資格を分類すると

業務独占資格・名称独占資格・能力認定資格に分けられます。

 

業務独占資格

医師、看護師、税理士、弁護士、理容師、美容師など

資格取得者しかその業務に関わる事が許されていない資格になります。

医療や法律など、社会や生活に必要な業務が多く、そのほとんどが

法律によって試験や認定の行われる国家試験のものがほとんどです。

 

名称独占資格

調理師、栄養士、保育士などは資格を持っていなくてもその職業に

就くことは出来ますが、その名称を名乗れるのは資格所有者だけになります。

例えば、調理師の資格を持っていなくても、調理の仕事をする事が出来ますが

調理師と名乗る事が出来ません。肩書きがある方が有利な条件で

業務に就くことが出来る場合があります。そういった場合は

この資格を取得しておきたいですね。

 

能力認定資格

業務独占資格、名称独占資格以外のほとんどがこの資格にあたります。

合格者はその資格の持つ知識や能力がある事を、主催した団体に

認定されたことを証明するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>