公務員の資格

公務員の仕事とは公共の利益の為に働く事が使命であり、
社会生活になくてはならない仕事の一つです。
他の職業にくらべ安定していて、財源が豊かな自治体ほど待遇は良い場合が多いです。
公務員のメリットとしては他の職業に比べてノルマや他社との競争がありません、
倒産や解雇の危険性はほぼ心配いりません。
また、60歳まで働け、その後の再任用職員として就職できる場合もあります。
女性の場合、出産や育児で仕事を辞めなければならない事が多々あります。
民間企業でも育児休暇を設けている所はありますが、長期の休暇は会社の負担になる為、事実上の退職を選ばなくてはならない場合があります。
公務員の場合、育児休暇や、その後復帰するための制度もあります。
経済的に将来設計がたて易いことがあげられます。
デメリットとしては
お給料は、世間が思っているほど高くない、
給料が下がったとしても副業が認められていない
ミスや不祥事などのバッシングは、必要以上にたたかれ広範囲に向けられる。など

景気が悪く不安定な時代にこそ、公務員の安定感には魅力があります。
団塊の世代と呼ばれる年齢の人たちが多く退職していく事になるこれからが
公務員の仕事に就くチャンスかもしれませんね。

・国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)
主に政策の企画立案などの業務に従事するための高度な知識や技術を証明する資格。
・裁判所事務官(国家資格)
裁判所で合理的、効果的に運用を図る為の一般事務(総務、人事、会計)
を行う為のスキルを証明する資格。
・国税専門官(国家資格)
通称マルサと呼ばれたりもしますが、税務署で会社や個人が適正な税務申告をしているか調査や税金の督促、滞納調査を行うスキルを証明する資格。

などの資格が公務員資格で人気があるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>