資格を無駄にしない

転職や就職の為に資格を取得しても、
求人側が即戦力を求めている場合、その資格の実務経験を重視する事があります。

せっかく取得したのに、就職に使えないなら意味が無いじゃないかと諦めてはいけません
確かに仕事で実用出来なければいつまでたってもその資格の職務経験を積む事が出来ず
資格を持った未経験者」と扱われてしまいます。
しかし、せっかく夢や目標の為取得した資格なのですから
趣味や生活の中でどんどん活用していくべきです。

職務履歴としてのキャリアを積むことは出来なくても、
取得した知識や技術を磨いて置けば、仕事に繋げるきっかけになる可能性があります。
さらに、その資格に関する専門家や業界にネットワークや人脈を広げておけば
資格を活用できるチャンスを広げられます。

「妥協」で趣味に留めるのではなく、
趣味や日常生活の中で、仕事に活かすために「資格のスキルを積む」事が大切です。
目標とする職業があり、その為に資格を取得するのならば、
たとえ現時点で仕事に活かす事が出来なくても、日々スキルを磨いていれば
チャンスさえあれば仕事に繋げる事が出来ます。

例えばHPを作り、資格を活かした活動をしていれば
副業・スカウト・独立などにつなげる事が出来ます。
人脈やネットワークはスキルUPを助け、さら可能性を高めます。
もし「資格を持った未経験者」のままで終わってしまっていたとしたら
いつまでもチャンスをつかむ事は出来ないでしょう。
せっかく取得した資格を活かすのも殺すのも自分の行動次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>